あてられたからには語り尽くそうじゃないか - 打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか?

何度も何度も、この映画について話題にするのは進歩がないのかもしれないが、好きなので許してほしい。

今日は全力で私的な感想を詩的に書いていこうと思う。ここに書いてあることは一ファンのたわごとです。

ネタバレがあるとかないとか特に気にしないで書くので未見の方は注意。

【感想】福音の少年 ~ふたりの少年の関係性~

福音の少年

あまり同じ本を何度も読む習慣はないのだけれど、例外的な本がある。それがこの『福音の少年』だ。

中学生の頃だっただろうか、初めて読んだときに何を感じたのかもはや覚えていない。ただ年に1度くらいは読み直している気がする。実家にあるのだが、読みたくなってKindleで買った(深夜だったし)。

【感想】打ち上げ花火 下から見るか、横から見るか? 僕は劇場でナナメ上から見た

まえがき

色々な未来がある。

子供にとって世界というのは学校、友達の家、自転車で行ける範囲の、だけど親や友達に連れられて行けるとても狭い範囲の世界でしかない。

それでも子供だった僕たちでも色々な未来を想像することができる。10年後自分は何をしているのか。及ばないなりに、当たらないなりに考えようとする。明日、いや明日と言わず今日、一歩踏み出したらもしかしたらあの子が振り向いてくれるかもしれない。少し冒険して親の言い付けも無視して一歩足を踏み出すと、知らない世界に飛び立てるかもしれない。

そんなことを考えていた、そんなふうに思っていた中学生の夏のことを思い出した。